Translate

2018年4月30日月曜日

小田急線の盛土にシンクホールで運休

2018年4月30日10時30分、小田急小田原線の愛甲石田ー伊勢原間で、盛土にシンクホールが見つかりました。緊急工事の間、小田急線は運休となり長時間停止しました。自転車でかけつけてiphoneで撮影。
図1 位置図 google mapを使用
シンクホールを赤丸で示した
図2 上流側からみたカルバート
シンクホールができた位置は、用水路のカルバートよりやや東。深さは3m。目撃した地元の方談「3mの尺がすっぽり入った」
図3 緊急工事の様子
巨大な土嚢が次々と投入される。少なくとも5袋(トン袋換算)
図4 全体の地形
丘陵を刻む浅い谷を横断する小田急線の盛土。ここは、かつて水田(泥田)だった。盛土材はすぐ近くの切土からトロッコで運んでいた(いわゆる関東ローム?)とのこと。
図5  下流側からみた状況
小田急線の盛土を横断する用水路はボックスカルバート構造
図6 マンホールの位置
用水路のそばに別のマンホールがあり、用水路と平行する排水路(下水道)。かなりの流速。この上流側延長線上にシンクホールができている。

図6 時間差実体視画像 (ANNのヘリ撮画像より作成)